ホーム > 実績館トピックス − 2024年4月26日〜8月18日 福岡市科学館 福岡市科学館クリエイティブアワード2024

実績館トピックス

2024年4月26日〜8月18日
福岡市科学館 福岡市科学館クリエイティブアワード2024


あなたのアイデアが体験型の展示になる
「科学」と「感性」を融合させた”なにか”を自らアピールする場。それがクリエイティブアワード!
科学館が提案するテーマに沿って、あなたの好奇心・考える力・創造性を展示アイデアとして提案してください。その展示を体験した来館者に “なにか” を感じてもらうことで、応募者、来館者、科学者が互いに影響しながら、福岡市科学館の理念である「人が育ち、未来をデザインしていく科学館」として、「育つ」ことを期待しています。
優れた作品には賞を授与し、受賞アイデアはワークショップを重ね「体験型の展示」とし、福岡市科学館5階「クリエイティブスペース」に1年間展示します。

公式サイト:CREATIVE AWARD 2024を開催( 外部リンク 外部リンク)

チラシ表

チラシ裏

テーマ

宇宙はEMOI
「宇宙」と「エモい」※を組み合わせた体験型の展示アイデアを募集します。
※エモい:心に響く、グッとくる、切ない、懐かしいなど、広く「感情が動かされた」ことを意味します

募集内容

福岡市科学館 5階クリエイティブスペース に展示する展示アイデア

対象

【一般の部】
 中学生、高校生、高専生、専門学生、大学生、大学院生

【小学生の部】
 小学生

※個人でもグループでも可。

※一般の部は、受賞した場合、2024年10月~2024年12月にかけて数回行う「アイデアを形にするためのワークショップ」に参加できる方。
(ワークショップは各グループ2名まで、日程は後日受賞者と調整します)

各賞

【一般の部】
 最優秀賞 賞金15万円
 優秀賞  賞金10万円
 入賞   賞金 5万円

【小学生の部】
 キッズクルー賞 賞品 ミュージアムグッズ

※入賞は各1作品

審査員(敬称略)

八坂 哲雄 [株式会社QPS研究所 ファウンダー・九州大学名誉教授]
有吉 由妃 [株式会社QPS研究所 管理部コミュニケーションデザイン課長]
中村 俊介 [メディアアーティスト・株式会社しくみデザイン代表取締役]
脇山 真治 [九州大学名誉教授・博士(芸術工学)]
矢原 徹一 [福岡市科学館館長]
子ども社会参画キッズクルーメンバー
林 千恵・大石 碧 [福岡市科学館 サイエンスコミュニケーター]
(順不同)

応募規定

・宇宙のことが学べたり、考えるきっかけとなるもの

・体験を通じて宇宙への興味が増すもの

・子どもから大人まで1人でも楽しめるもの

・1回の展示体験の所要時間が、 概ね5分以内のもの

応募締切

・郵送 2024年8月18日(日) 必着
・持参 2024年8月18日(日) 17:00 まで受付

本件に関するお問い合わせ

〒810-0044 福岡市中央区六本松4-2-1
福岡市科学館クリエイティブアワード事務局
Email:award@fukuokacity-kagakukan.jp
電話番号:092-731-2525

福岡市科学館に関するプロジェクトレポート

福岡市科学館
展示施設設計/展示制作・工事/維持管理

「サイエンス&クリエイティブ」科学と感性の交流拠点

福岡市科学館は、科学と感性を融合させた新しい創造的活動を行うとともに、子供たちや研究者、企業の方々との新たな交流や人材育成を促し、市民とともに福岡の未来を共に創造していく「未来創造型のミュージアム」を目指している。 各所に科学の楽しさや驚きに出会える様々な仕掛けを施し、「科学の見せ方・示し方」を工夫した。3階のウェルカムホールではダイナミックな映像で来館者を出迎える。…続きを読む

福岡市科学館
指定管理者

『サイエンス&クリエイティブ』をコンセプトに様々な教育・研究機関や人材との協働による科学館運営を展開

福岡市科学館は、「人が育ち、未来をデザインしていく科学館」という理念の下で、2017年10月にオープンしました。5階の基本展示室は、「宇宙」、「環境」、「生活」、「生命」、「フューチャー(未来)」という5つのゾーンに分かれ、それぞれに最新テクノロジーを駆使した様々な体験型展示が用意されています。当社はPFI事業者として施設整備に関わるだけでなく、開館当初から指定管理者として『サイエンス&クリエイティブ』をコンセプトに運営業務を推進。…続きを読む

実績館トピックス

ページのトップへ戻る